集音器デカ音くんの特徴

心豊かな生活の手助けとなるよう『デカ音くん』は開発されました。

デカ音くんは医療機器認定を収得した補聴器ではありません。集音器の使用例
音の聞こえが気になるすべての方を対象とした集音器です。

「こんなにクリアに聞こえるのに疲れない。」「これははじめて!」と驚きの声が多数よせられています。 お一人おひとりの人生が一層輝きますようにと願い、開発いたしました。
スマートなデザインで目立たない。シンプルな音量、音質ダイヤルであなたにぴったりの音が作り出せます。最近音の聞こえが気になるとお感じの方にお勧めします。

あんしんの日本製!

設計から製造まで当社が直接おこなっています。
ご購入後も修理から相談まで、弊社が直接対応します。

とにかく音にこだわりました。特許取得のマイク機構

特許取得のマイク機構特許取得のマイク機構で、話し手の声がハッキリとクリアに聞こえます。 音がクリアで疲れない!と驚きの声が寄せられています。

すぐにご使用いただけます。面倒な調整はいっさい不要!

誰でも簡単にご使用いただくために、操作しやすい位置に配置されたダイヤル。自分に合った音を作り出すことができます。利用者の声を徹底的に取り入れて設計しましたので、末永くご利用いただけます。

選べる4種類のイヤホンタイプ

標準セットに添付されいている片耳イヤホンの他、両耳で聞くタイプもご用意。両耳のタイプは音や会話がより大きく聞こえます。両耳イヤホンの他、イヤホンが耳に合わない方(外れやすい、耳が痛くなる)には、耳かけホン、ヘッドホンも取り揃えています。本体に片耳イヤホン、両耳イヤホン、耳かけホン、ヘッドホンを差し替えるだけでご利用いただけます。
片耳イヤホン両耳イヤホン耳かけホンヘッドホン

エコに貢献。しかも経済的!

単4電池1本で使用出来ますが、充電電池でもお使いいただけます。充電電池を使えば1年で約80本の乾電池がいらなくなります。今ならキャンペーンで充電器、充電電池をプレゼント。

開発者の声:[きっかけは友人の一言でした](詳しくはここをクリック)

開発のきっかけとなったのは、私の知人であるA氏の一言でした。
「色々な集音器具を使ってみたけど私に合うものがない」

松栄電子工業株式会社 平松 義朗

現役で活躍しているA氏にとって、社員との意見交換や取引先との会議はとても大事です。
でも会議などで交わされる会話の70%程度しか聞こえていなかったそうで、会議の席では
半分わかったふりをしていると私に苦笑いで話すA氏を見て、私はなんとかしてあげたいと
切実に思いました。私にとってA氏は尊敬する大先輩でもあるのです。

それから、会社で試作品を作ってはA氏に試してもらう日々が続きました。
すでに様々な集音器具を使ったことのあるA氏の採点はなかなか厳しく、良い返事をもらえないまま2年。
それでも、とにかくA氏の「これはよく聞こえるね!」の一言がどうしても聞きたくて開発を続けました。

たくさんの失敗の末、ようやく一台の集音器が出来上がりました。それが「デカ音くん」の原型です。
そして待ちに待ったA氏からの「これはよく聞こえるね!」の一言を頂くことができました。
開発を始めて、3年近くになった頃のことです。

ただ、この原型は製品ではなく手作業で製作したものだったので、とても大きくて見た目にも不格好でした。
でもA氏は大切に愛用し、私に会うたびに「平松さん、ほんとうに良く聞こえる!」と言って下さいました。
そんな姿を見て、この原型をやはりきちんとしたものにしたい、しなくてはという思いが私の中に湧いてきたのです。

デカ音くんセット

不安はありましたが、うれしいことに評価は上々で、試していただいた方の笑顔、
スムーズに会話を楽しまれている姿を拝見したときの喜びは忘れることができません。
その笑顔に後押しされて、私は製品化を決意しました。

そして「デカ音くん」は完成しました。複雑で難しい機能よりも、使う人の立場にたった使いやすい製品を。それが、製品化に当たって目標にしたことです。

本当にたくさんの方のご協力を頂きました。
開発にご協力いただいた皆様方に感謝いたします。
この「デカ音くん」により、多くの方に"聞こえるよろこび"をお届けできればと願っています。

松栄電子工業株式会社
代表取締役 平松 義朗

トップへ戻る

シンプル・簡単・使いやすい、高音質集音器 デカ音くん

外観と特長

【セット内容】
セット内容・デカ音くん本体
・イヤホン (イヤピース小が付いています。大、中も付属しますの で、合うサイズのピースをお選びください)
・取扱説明書、保証書 ・アルカリ電池(単4)×1
・充電器、充電電池(単4)×2(プレゼント実施中)、ストラップ(両耳聴取セットは、本内容にヘッドホン、耳かけホンまたは両耳イヤホンが付属します)

【外観】
本体サイズ: 幅58×奥行16×高さ74mm(突起物含まず)

サイズホワイトで光沢のあるボディです。ポケットに入れたときのコスレ音軽減のため最適なボディ材質を採用しております。

【名刺との比較】

デカ音くん

【デカ音くんの詳細】

商品名 デカ音くん
商品番号 SSP-120
基準周波数 1600Hz
最大出力音圧レベル 120dB以上(ピーク値)
イヤホン 専用イヤホン ダイナミック型
マイク 無指向性コンデンサーマイク
使用電池 単4アルカリ電池1個 又は、単4形充電式ニッケル水素電池1個 ※
外部マイク端子 コンデンサーマイク (別売)を使用してください。
重量 40g (電池含まず)
寸法 幅58×奥行16×高さ74mm(突起物含まず)

※充電電池の使用をお勧めします

トップへ戻る

独自構造のマイク

マイク部分 【マイク部分】
独自構造でノイズの少ないクリアな音を作りだします(特許取得) 。 様々な構造の試作とテストを繰り返し、試行錯誤の上、本構造にたどり着きました。

音量と音質の調整部 【音量と音質の調整部】
最近では、本体が小型で、操作スイッチ部分が非常に小さい製品が多くなっています。
小さいことも利点の一つですが、操作のしやすさを第一に考えて 高齢者でも操作しやすいボリュームを採用しています。

トップへ戻る

使用前の準備

電池のセット イヤホンのセット アダプターのセット
1.電池のセット

単四電池を採用しており、挿入は容易に行えます。電池を抜くときは紐を引っ張ると簡単に抜けます。
電池交換が楽に行えることは日常的に使う製品としては重要です。
かなり小さな電池を採用している製品もありますが交換が非常に大変という話はよく耳にします。

2.イヤホンのセット

イヤホンをイヤホンジャックに差します。
イヤホンコードの長さは65cmあります。

3.アダプターのセット

ヘッドホン、耳かけホン、両耳イヤホンをご使用の場合は、付属の変換アダプタを取り付けてからイヤホンジャックに差し込みます。
ヘッドホンのコードの長さは約1.2m、耳かけホンのコードは約1m、両耳イヤホンのコードは、0.6m又は1.2mの2種類から選べます。

トップへ戻る

装着してみましょう

[装着例]胸ポケットがある場合 【胸ポケットがある場合】
イヤホンは耳にしっかりと挿入して下さい。集音器具の経験者の方はハウリング音(ピーピー音)で不快な思いをされた方も見えると思います。
デカ音くんは、イヤホンやヘッドホンをきちんと装着すればハウリングは起こりませんのでご安心下さい。

[装着例]胸ポケットがない場合 【胸ポケットがない場合】
付属のストラップで首から下げてください。

イヤホン装着 両耳イヤホン装着 耳かけホン装着 ヘッドホン装着
トップへ戻る

使ってみましょう

簡単操作の集音器 操作は簡単。
音量ボリュームと音質ボリュームをまわすだけです。
音量ボリュームは数値が大きいほど音が大きくなります。(切、1?8)
使わないときは、音量ボリュームを「切」にして下さい。
音質調整ボリュームは、「低」が低音強調、「高」が高音強調、「中」が中間となります。
お好みの位置にあわせてご使用下さい。

テレビ視聴、日常会話、講演会など様々なシーンでデカ音くんをご活用ください。

集音器の無料レンタル

トップへ戻る

片耳イヤホンよりも更に快適な両耳タイプをご用意

両耳聴取タイプ

【両耳タイプの特長】
両耳タイプの特長・音や会話がより大きく聞こえます。
・周囲の雑音が抑えられるので、騒がしい場所でも聞き取りやすくなります。
・耳の穴が痛くなりにくいです。

【ご使用くださった方の感想】
「長時間の使用でも耳にかかる負担が減った。」
「騒がしい場所でも会話をはじめとする音が聞き取りやすくなった。」
「会議、講演会場ではっきりと聞こえるようになった。」

【ヘッドホンタイプ】
ヘッドホンタイプ座った状態で落ち着いて、じっくり聴くのに適しています。
周囲の雑音を遮断する効果が高くなっています。
テレビの視聴、会議、講演会場におすすめします。

【耳かけホンタイプ】
ヘッドホンより小型で持ち運びに便利です。
テレビの視聴、会議、講演会場におすすめします。
髪型を乱すことなく装着できます。

【両耳イヤホンタイプ】
両耳イヤホンタイプヘッドホンタイプでは目立つので嫌な方や、耳かけホンタイプではフィット感が足りず、外部の音が聞こえすぎる方にオススメです。
ウォークマンなどのイヤホンと同じ両耳タイプになります。

また、イヤホンのコード長を60cmと120cmからお選びいただくことができます。 胸ポケットに入れてご使用の場合は60cmを、また鞄などに入れてご使用頂く方には120cmをオススメいたします。

トップへ戻る